スポンサーリンク
フラワーアレンジメントの教室運営

フラワーアレンジメントの教室運営継続の秘訣とは?気付かない鈍感さが鍵

フラワーアレンジメントの教室を継続していくことは、大変なことです。フラワーアレンジメントの先生の中には、継続できずに辞めてしまう先生もいらっしゃいます。教室を継続するためには、何が大切なのか?また、辞めてしまう先生たちに共通しているものは何か?長くフラワーアレンジメントの教室を行ってきて、感じてきたことをお伝えしています。
フラワーアレンジメントの教室運営

フラワーアレンジメントの教室運営の場所はどうする?決める時のポイントとは?

フラワーアレンジメントの教室運営を始めようと思った場合、まず、決めなければならないことは、会場です。どこで開催するのか?自宅なのか自宅以外なのか?それぞれの場所で開催した場合のメリットやデメリットはどのようなことがあるでしょう。フラワーアレンジメントの教室の会場を探す場合には、どのようなことに気を付けたら良いかをお伝えしています。
フラワーアレンジメントの花の扱い方

フラワーアレンジメントの教室で便利な花材ドラセナの魅力と長く楽しむ方法

フラワーアレンジメントでドラセナを使う機会は、多いです。鉢物でも人気の観葉植物です。そんなドラセナの魅力、アレンジメントでの使い方などをお伝えしています。また、アレンジメントで使ったあとの楽しみ方についてもお伝えしています。
フラワーアレンジメントの先生の資格

フラワーアレンジメントの教室継続の為に取得してよかったと思う資格とは

フラワーアレンジメントの教室継続の為に取得して良かったと感じた資格についてお伝えしています。フラワーアレンジメントの先生の資格を取得しても切り花の知識については、それほど深く勉強しないまま先生になってしまいます。しかし、生徒さんから質問をされたときは、答えられないとどうにもなりません。そこで、私が取得した資格は、切り花について深く学ぶことができて良かったというお話です。
フラワーアレンジメントの教室運営

フラワーアレンジメントでは存在感が人気のガーベラ!花首が曲がる対策どうする?

ガーベラは、誰からも親しまれる花の一つです。ガーベラは、種類も豊富、色も豊富なので、様々なシチュエーションで利用することが可能です。そんな便利な花ですが、水揚げが悪いと花首が曲がってしまうという特徴を持っています。フラワーアレンジメントの教室の直前に花首が曲がっていたらどのように対策したら良いのかをお伝えしています。
フラワーアレンジメントの先生の資格

フラワーアレンジメントの教室運営で先生の資格って必要なの?

フラワーアレンジメントの先生の資格があってもなくても教室を運営することは可能です。それでは、フラワーアレンジメントの先生の塩飽を取得する意味は、あるのでしょうか?フラワーアレンジメントの先生の資格を取得した場合のメリットについて、また、団体によってどんな違いがあるのかについてお伝えしています。
フラワーアレンジメントの教室運営

フラワーアレンジメントをお盆に使う場合の注意点とバラがダメな理由

フラワーアレンジメントでお盆の花としてお供えすることは、便利なことだと思います。フラワーアレンジメントでお供えするときの注意点をお伝えしています。また、お盆の花としてバラはダメと言われ続けています。本当にバラはダメなのか?もし、棘を取ってお供えする場合は、大丈夫なのか?など生徒さんから質問されたことについてお伝えしています。
フラワーアレンジメントの教室運営

フラワーアレンジメントの教室で切り花延命剤の説明をするって大切だと思う

フラワーアレンジメントの切り花の花持ちを良くするためには、どうしたらよいのか?生徒さんから質問された場合にどのように説明したらよいかをお伝えしています。特に、切り花延命剤などを使うとお花の持ちは良くなります。しかし、買いに行かずに家にあるもので代用できてしまいます。どのようなもので代用できるのかも説明しています。
フラワーアレンジメントの教室運営

フラワーアレンジメントの教室でバラは常連さん!扱い方は大丈夫?

フラワーアレンジメントの教室では、バラの花ってよく使われるお花の一つだと思います。しかし、良く使われるお花のわりに水揚げが良くなかったりして、教室が始まる前にハラハラしてしまう時ってないですか?そんなときにどうしたらよいのでしょう。バラの水揚げを短時間で行う方法を少しまとめてみました。
フラワーアレンジメントの教室運営

フラワーアレンジメントの教室にとって夏は敵!できる対策は何?

フラワーアレンジメントの教室を続けていると季節によって生徒さんの出席率が変化します。特に、暑い夏は、お花の持ちも悪くなるので、出席率は低下しがちです。そんな時に、先生としてできることって何があるのでしょう。できる対策をして、夏を乗り越える方法をお伝えしています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました